ウェーバー試聴集
クラシック試聴集



カルル・マリア・フォン・ウェーバー
Carl Maria von Weber   「古典後期〜ロマン初期」
1786-1826 ドイツ人 作曲家 指揮者

ウェーバーの生涯
ウェーバーは、バロック後期から古典期に隆盛を極めたグルックやモーツァルトらによるイタリア・オペラに代わり、ドイツ語による 「ドイツ国民主義のオペラ」 を開拓した作曲家として重要な存在です。
ウェーバーは父が音楽家で劇団の持ち主であり、地方巡業をしていたことと、母親が歌手であったため、早くから音楽の教育を受け、劇場の仕事に親しんでいました。
ウェーバーが幼少の頃から音楽の才能を見せると、父は巡業の先々で息子を有名な音楽教師に師事させたが、ザルツブルクではミヒャイル・ハイドンに師事させています。
ウェーバーは、12歳で 「6つのフゲッタ Op.1」 を書き、この作品は出版されました。
 その後、ウェーバーはプラハの歌劇場の指揮者を経て、17年にドレスデン宮廷歌劇場の監督に就任し、21年に有名な 「魔弾の射手」 を完成させ、ベルリンの初演で大成功を収めました。
「魔弾の射手」は、ドイツ語の台本によるゲルマン民族の風土である森林を背景にした狩人の物語であり、ウェーバーはドイツ国民主義を開拓して後のドイツの楽劇の発展に大きな影響を与えました。
彼はその他に 「オベロン」 など約9曲のオペラを書いているが、管弦楽曲も残しており、ピアノ曲では「ピアノ協奏曲 Op.11」 や 「舞踏への勧誘」 が有名です。
ウェーバーの音楽CD
 ウェーバー:魔弾の射手 全曲
 クライバーのデビュー・アルバムであり、魔弾の射手の名盤の一つとされています。
 まるでライヴを聴いているような,正に生気あふれるという表現がぴったりの演奏です。
ウェーバーの映像DVD
 ウェーバー:魔弾の射手 全3幕
 「ハンブルクオペラの遺産」シリーズ第6弾として、ウェーバーの名作オペラ「魔弾の射手」が登場しました。
 美人ソプラノ、A・ソーンダース、E・マティスら往年の名歌手陣が出演します。
ウェーバーの楽譜
 ウェーバーピアノアルバム 全音ピアノライブラリー
 「舞踏への招待」を含むウェーバーの代表曲を掲載しています。
 華麗なる大ポロネーズもあります。
クラシック音楽
クラシックピアノ曲 難易度一覧表
ショパン
ベートーベン
モーツァルト
バッハ
メンデルスゾーン
ドビュッシー
ムソルグスキー
シューベルト
リスト
ブラームス
チャイコフスキー
ビバルディ
ヘンデル
シューマン
サティ
ウェーバー
アシュケナージ
ルービンシュタイン
癒し系音楽
ジャズ名曲
戦場のピアニスト
海の上のピアニスト
【 関連商品リスト 】
クラシック試聴集
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー