ドビュッシー試聴集
クラシック試聴集



クロード・アシル・ドビュッシー
Claude Achille Debussy   「近代」
1862-1918 フランス人 作曲家

ドビュッシーの生涯
ドビュッシーは貧しい家に生まれたが、早くから音楽の天分を示し、1873年に10歳でパリ音楽院に入学し、ソルフェージュ、ピアノ、作曲を優秀な成績でパスし、84年にカンタータ「道楽むすこ」 でローマ大賞を受賞しました。
しかし、ローマ大賞受賞者の義務である3年間のヴィラ・メディチでの研鑽に堪えきれず2年でパリに逃げ帰りました。
80、81、82年の夏はチャイコフスキーの後援者で有名なフォン・メック夫人とその家族のピアノの相手をしながら彼女のヨーロッパとロシアの別荘を旅して歩き、ボロディンやムソルグスキーの自由な音楽の影響を受けました。
そして、その後、彼はリストやワーグナーによって示された半音階法や、「トリスタン和音」などによる無調的手法を一気に前進させました。
ドビュッシーは、5度、オクターブ、7の和音の平行進行や、9、11、13度を含む和音、教会旋法、異国旋法、5音音階、全音音階などを好んで使い、それまでの古典派によって確立された長調、短調の概念を崩壊させた程でした。
同時に、感情過多なロマン派の音楽を好まなかったドビュッシーは、モネ、マネら印象派の画家たちや、ボードレールやヴィルレーヌらの象徴派の詩人に共鳴し、事物の幻想的なイメージを音で捉えることに務め、その結果、「印象派の音楽」が生まれました。
形式も在来の形式にこだわらず、多くのセクションからなる独自の形式で、ジャズのリズムを取り入れるなどして、前代未聞の音楽を書きました。
ピアノ曲の 「2つのアラベスク」などは初期の模索期の域を脱していないが、マラルメの詩のイメージによる管弦楽曲 「牧神の午後への前奏曲」 で印象派の音楽を決定的なものにしました。
ドビュッシーは、彼のフランス人としてのエッセンスと、海、水、月、風、霧など雰囲気的なものと、ピアノ曲「プレリュード 第2週」 の 「ヴィーノの門」 などに見られるスペイン的な要素を好んで使いました。
作品の種類は交響曲と宗教曲を除くあらゆるジャンルにわたっています。
ドビュッシー作曲のピアノ演奏を試聴
ティボーテのピアノ演奏を試聴 ポリーニのピアノ演奏を試聴
ドビュッシーの音楽CD
 月の光 〜ドビュッシー / ピアノ名曲集
 フランスの女流ピアニスト、モニク・アースのドビュッシー集、2枚組です。
 粒の揃った柔らかな音が明るい光を放つかのように広がっていきます。
 月の光 (紙ジャケット仕様)
 トミタ・シンセサイザー・ワールドの記念すべき第1作です。
 まるで精密画のような音響が、シンセサイザーでここまでできるのかという驚きを世界にもたらしました。
ドビュッシーの書籍
 ドビュッシー 印象主義音楽をつくりあげたフランスの作曲家  伝記世界の作曲家
 瞬間、瞬間の音の響きを重視し、「印象派の作曲家」と呼ばれるようになったドビュッシー。
 足ぶみをせずに絶えず前進を続け、自らの信念を貫いたドビュッシーの生涯を語ります。
ドビュッシーの映像DVD
 幻想の音楽家ドビュッシー
 20世紀の音楽に革命をもたらした印象派の巨匠ドビュッシーの核心に迫る充実のドキュメンタリー作品です。
 曲の合間には当時の知識人が残した言葉を挟み、ドビュッシーの人と音楽を解説しています。
ドビュッシーの楽譜
 ドビュッシープレリュード 第2集
 印象主義手法が著しく様式化され技巧的になっている作品。
 幻想とふしぎな雰囲気にみちた音楽であり、彼の最大傑作です。
クラシック音楽
クラシックピアノ曲 難易度一覧表
ショパン
ベートーベン
モーツァルト
バッハ
メンデルスゾーン
ドビュッシー
ムソルグスキー
シューベルト
リスト
ブラームス
チャイコフスキー
ビバルディ
ヘンデル
シューマン
サティ
ウェーバー
アシュケナージ
ルービンシュタイン
癒し系音楽
ジャズ名曲
戦場のピアニスト
海の上のピアニスト
【 関連商品リスト 】
クラシック試聴集
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー