リスト試聴集
クラシック試聴集



フランツ・リスト
Franz Liszt 「ロマン期」
1811-1886 ハンガリー人 ドイツに没す 作曲家 ピアニスト

リストの生涯
リストは19世紀最高のヴァルトゥオーソ・ピアニストであり、作曲においては交響詩のジャンルを創始しました。
父はハンガリーの貴族エステルハージィ侯に仕え、宮廷管弦楽団でチェロを弾いていました。
5歳からピアノを始め、8歳で作曲を始めたリストは、9歳のときに開いた演奏会で鬼才ぶりを発揮しました。
1820年からウィーンに出てベートーヴェンの弟子であったツェルニーにピアノを師事し、サリエリから作曲を学びました。
その後、23年からパリに移り、パリ音楽院入学を試みたが外国人という理由で校長のケルビーニに入試を拒否され、音楽院はあきらめ、作曲を F.パエール、A.ライヒャに学びました。
リストは24年3月にパリでピアニストとしてデビューしたが、たちまち大成功を収め、その名はイギリスまで伝わり、以後、リストはヴィルトゥオーソ・ピアニストとしてヨーロッパ各地を演奏してまわりました。
35年からパリの才媛ダグー伯爵夫人と同棲し、その間にできた次女コジマは後にワーグナー夫人となります。
ちなみにパリの社交界でショパンにジョルジュ・サンドを紹介したのはリストでした。
その後、リストはダグー伯爵夫人と別れ、44年に祖国ハンガリーに戻りブダペストで演奏会を開いたが、一般の市民からも熱狂的な歓迎を受け、まるで凱旋将軍のようであったといいます。
続いて約10年の演奏旅行が始まるが、ベルリンでの人気は言語を絶するものといわれ、ヴィルヘルム皇帝はリストの全演奏会に臨席しました。
47年のウクライナ演奏旅行でリストは、ザイン・ヴィトケンシュタイン侯爵夫人と出会い、親交を結ぶようになり、2人は48年にワイマールに住居を定め、リストは指揮者、兼 作曲家として活躍しました。
その後、リストはヴィトケンシュタイン侯爵夫人との結婚を決意し、61年に侯爵夫人は必要な離婚承認のためローマに教皇を尋ねるが、夫人側の親戚からの異義申し立てで、手続きは目前で崩れ、2人は結婚を断念し、リストは僧院に身を沈めました。
ピアノ曲 「詩的で宗教的な調べ」 「小鳥に語るアッシジの聖フランシス」「波をわたるパオラの聖フランシス」 など宗教色の強い作品はこの時代に書かれています。
しかし、しばらくするとワイマールからリストに復帰を求める声が高まり、彼は69年にワイマールに戻り、晩年は世界から集まる若きピアニストたちに囲まれて世を送りました。
86年にリストはバイロイトにいる娘、コジマ・ワーグナーに会いに行き、肺炎にかかってバイロイトで客死しました。
リストは広い分野に多くの作品を残しているが、ピアノでは2つの 「協奏曲」、 「ソナタ」、 「コンソレーション」、「愛の夢」、数々の 「エチュード」、 「ハンガリー・ラプソディー」、 などが有名です。
また、リストはピアノ用の ”改編曲” でも知られています。
リスト作曲のピアノ演奏を試聴
ツィマーマンのピアノ演奏を試聴 ホロヴィッツのピアノ演奏を試聴
リストの音楽CD
 リスト / 超絶技巧練習曲
 アシュケナージ初期の代表盤とも言える1枚です。
 彼の卓越したテクニックを存分に味わうことが出来ます。
リストの書籍
 気軽にリスト/ピアノ・セレクション―バイエルからツェルニー30番程度
 独特の優雅で甘美なメロディーラインと、華麗なテクニックのピアノ曲を数多く残したリスト。
 彼の作品の中からよく知られたピアノ曲やオーケストラ曲を選び、やさしくピアノ・アレンジした曲集です。
リストの映像DVD
 リスト:ピアノ協奏曲第1番
 幅広いクラシック愛好家に指示されているピアニスト、ケマル・ゲキチによるリストのピアノ演奏です。
 リストの縁の地であるハンガリーの風景と共に楽しめます。
リストの楽譜
 リスト・ピアノ名曲集
 19世紀最大のピアニスト、リストのピアノ名曲から、特に人気のある曲を選びました。
 一度は弾いてみたいすばらしい曲ばかりです。
クラシック音楽
クラシックピアノ曲 難易度一覧表
ショパン
ベートーベン
モーツァルト
バッハ
メンデルスゾーン
ドビュッシー
ムソルグスキー
シューベルト
リスト
ブラームス
チャイコフスキー
ビバルディ
ヘンデル
シューマン
サティ
ウェーバー
アシュケナージ
ルービンシュタイン
癒し系音楽
ジャズ名曲
戦場のピアニスト
海の上のピアニスト
【 関連商品リスト 】
クラシック試聴集
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー