サティ試聴集
クラシック試聴集



エリック・サティ
Erik Satie   「近・現代」
1866-1925 フランス人 作曲家

サティの生涯
サティは20世紀フランスの鬼才で、彼の作品および行動はそれまでの伝統的なものから大きく逸脱しています。
サティは1878年にパリ音楽院に入学したが、保守的なアカデミズムが気に入らず、反アカデミズム、反ロマン主義を貫いて音楽院を退学し、その後はモンマントルのカフェでピアノを弾いて生計をたてました。
その間、サティは読書に没頭し、アンデルセン童話を愛読し、ゴシック建築を研究してピアノ曲 「4つのオジーヴ」 を書き、この曲で彼は ”小節線” を廃止したのです。
また、実生活では砲兵隊に入隊し、故意に気管支炎を患って除隊されたりしています。
1905年からの3年間はスコラ・カントルムでダンディに師事しました。
ピアノ曲は続けて書いているが、12年からの曲には奇抜なタイトル 「犬のためのぶよぶよしたプレリュード」、「ひからびた胎児」、「なまこの胎児」、「無柄目類の胎児」、「柄目類の胎児」 等が多く見られます。
16年にはジャン・コクトーの台本で、ピカソの装置と衣装によるバレエ音楽 「パラード」 を書いたが、 「パラード」 のオーケストラにはサイレン、飛行機の爆音、タイプライター、ピストル、ダイナモの音などを入れており、前人未踏のオーケストラをなっています。
また、サティは彼とコクトーを賛美する ”6人組” のミヨー、オネゲル、オーリック、プーランク、デュレ、タイユフェールを庇護し、彼らの音楽を世に紹介することに務めました。
サティの音楽はユーモアに富む一方、鋭い風刺と、純粋、且つ、高度に知的な表現でできており、他に見ません。
サティの音楽CD
 ザ・ベスト・オブ・サティ
 サティのピアノ曲のなかでも特に親しまれている作品ばかりが選ばれています。
 「ジムノペディ」などを収めたベスト・アルバムです。
サティの書籍
 エリック・サティ
 天才か奇人か? とかく誤解されがちなサティについて、その生涯と作品の両面から解き明かした評伝です。
 ピカソ、コクトーたちとの共同作業についても丹念に辿った、当時のパリの精神的雰囲気の証言でもあります。
サティの映像DVD
 エリック・サティの世界
 1980年代に環境音楽の旗手として脚光を浴びたエリック・サティを多方面から解き明かした作品です。
 サティ本人が出演した幕間映画用のフィルムも見られる貴重なドキュメンタリーです。
サティの楽譜
 エリック・サティ・ピアノ名曲集
 サティのピアノ作品の中から、特に有名なものを選曲しました。
 楽譜の行間にはサティ独特の標示楽語や覚え書のような暗示的語句などが掲載されています。
 サティのエッセンスがぎっしりと詰まっています。
クラシック音楽
クラシックピアノ曲 難易度一覧表
ショパン
ベートーベン
モーツァルト
バッハ
メンデルスゾーン
ドビュッシー
ムソルグスキー
シューベルト
リスト
ブラームス
チャイコフスキー
ビバルディ
ヘンデル
シューマン
サティ
ウェーバー
アシュケナージ
ルービンシュタイン
癒し系音楽
ジャズ名曲
戦場のピアニスト
海の上のピアニスト
【 関連商品リスト 】
クラシック試聴集
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー