ショパン試聴集
クラシック試聴集



フレデリック・フランソワ・ショパン
Frederic Francois Chopin   「ロマン期」
1810-1849 ポーランド人 作曲家 ピアニスト

ショパンの生涯

ショパンは、ロマン期のピアノ音楽に新しい境地を開いたポーランドの作曲家、兼ピアニストです。
ワルシャワ近郊で、フランス人を父に、ポーランド人を母にして、生まれました。
4歳からピアノを始め、7歳で 「ポロネーズ ト短調」 を作曲しました。
8歳のとき、公の演奏会でギロヴェツの 「ピアノ協奏曲」を弾いて、聴衆からモーツァルトの再来と騒がれました。
11歳のときにワルシャワを訪れていたロシア皇帝アレキサンドルT世に御前演奏をしました。
1822年に12歳でワルシャワ音楽院長のエルスナーについて作曲を学んだショパンは、その後、作曲にはげみ、25年には 「ロンド ハ短調 Op.1」 が出版され、作曲家、兼ピアニストとしての成功を収めました。
ショパンは29年に一度ウィーンに演奏旅行をしたが、30年にワルシャワでポーランドの独立運動が起きると、その秋にワルシャワを去り、再びウィーンを訪れ、シュトゥットガルドを経て、31年にパリに到着しました。
彼の 「エチュード "革命"」 は、シュトゥットガルドでワルシャワがロシア軍に鎮圧されたことを耳にしたショパンが、憤りを込めて書いた作品だといわれています。
パリにおけるショパンは演奏活動と作曲に励む一方、多くの貴族の子女たちにピアノを教えて余裕のある生活をしました。
また、ショパンはリスト、シューマン、ベルリオーズ、ユーゴー、ハイネ、ドラクロワら新ロマン派の芸術家たちと親交を結びました。
36年にリストの紹介で出会った "男装の麗人" として有名な女性作家ジョルジュ・サンドと恋愛関係に陥ります。
すでに結核に冒されていたショパンは、療養をかねてサンドと38〜39年をスペインのマジョルカ島で過ごします。
その後は、サンドと46年まで彼女のノアンの田舎の家とパリを行き来したが、結局、結核が進行し、49年にパリで39歳の短い生涯を閉じました。
ショパンの作風はポロネーズ、マズルカなどポーランドの国民舞曲的な要素と、パリの華麗で洗練された要素が特徴で、作品のすべてが傑作であることは、言うまでもありません。



ショパン:12の練習曲
ポリーニ(マウリツィオ) ショパン
ユニバーサルクラシック (2002/09/25)
売り上げランキング: 1,391
おすすめ度の平均: 4.46
5 文句なしの一枚
5 これ以上なにをお望み?
5 理想
ショパン:12の練習曲の内容
ショパンの《練習曲集》は特定のピアノ技巧の練習用に書かれた作品ですが、それは単に技術的訓練という目的にとどまらず特有の美の世界を持っており、各々独立した価値ある音楽作品となっています。
ポリーニの演奏は、難度の高いパッセージも無理なく処理され、しかも音の粒ひとつひとつが意のままにコントロールされたもの。
彼の凄まじいまでのテクニックと深い音楽性が十二分に発揮された名盤です。

実際に購入した方の感想
エチュードは数あれど、これほど美しい旋律を持ったものは他に例がないのではないでしょうか。
指の動きに執着しがちな形式の中にも、多感な情感を丁寧に編みこんだ傑作中の傑作練習曲です。
ショパンは12曲ずつ2組の練習曲を作りましたが、いずれも酔いしれんばかりです。
このアルバムには両練習曲が録音されており、24曲の練習曲と表題されております。
とろけそうなまでの曲を弾くのは、マウリツィオ・ポリーニ。
良くも悪くも彼の演奏は極めて譜面に忠実だと言われます。
しかしそれは正に彼の素晴らしい演奏を端的に表現したものです。
決してテクニックに走らず譜面に忠実であるにも関わらずここまで個性を発揮できるのは、彼の曲の解釈に対する比類なきこだわり故です。
過去に鳴り物入りでデビューしたポリーニが曲をめぐって苦悩しより深い解釈を求めて自ら表舞台を降りた経緯はそれを物語るに十分なエピソードといえるでしょう。
アシュケナージと並んでショパン・エチュードの2大巨頭といわれる名作です。
別れの曲 3曲目の「12 Etudes Op.10: No. 3 E-dur: Lento, ma non troppo」 試聴
黒鍵 5曲目の「12 Etudes Op.10: No. 5 Ges-dur: Vivace」
革命 12曲目の「12 Etudes Op.10: No. 12 c-moll: Allegro con fuoco」
牧童 13曲目の「12 Etudes Op.25: No. 1 As-dur: Allegro sostenuto」
蝶々 21曲目の「12 Etudes Op.25: No. 9 Ges-dur: Allegro assai」
木枯らし 23曲目の「12 Etudes Op.25: No. 11 a-moll: Lento - Allegro con brio」
大洋 24曲目の「12 Etudes Op.25: No. 12 c-moll: Molto allegro, con fuoco」
ショパン:ワルツ集(全曲)
アシュケナージ(ウラディーミル) ショパン
ユニバーサルクラシック (2003/06/25)
売り上げランキング: 3,594
おすすめ度の平均: 3.5
4 ま、標準的
3 花踊る3拍子
ショパン:ワルツ集(全曲)の内容
ショパンの作品のなかでも華やかで人気の高いワルツ集を、現代最高のピアニストの1人であるアシュケナージの名演で楽しむ。
《デッカ・ニュー・ベスト100》の1枚。


実際に購入した方の感想
ワルツはアシュケナージの得意所、どのワルツよりも洗練していて美しい。
まるで演奏会場に来ているみたいだ。
このアルバムには全曲のワルツが収められており、ともに優美と哀愁の掛け合いで構成されている。
そしてどれもが完成度が高く、長年培われてきたテクニックと知性・感性のバランスが顕著にここに表れているだろう。
とくに明快で躍動感あふれるリズム感が、華麗なワルツ等に出ている。
ワルツ第1番変ホ長調op.18
「華麗なる大円舞曲」
1曲目の「Waltz in E flat major, Op 18」 試聴
ワルツ第2番変イ長調op.34-1
「華麗なる円舞曲」
2曲目の「Waltz in A flat major, Op 34 No 1」
ワルツ第3番イ短調op.34-2
「華麗なる円舞曲」
3曲目の「Waltz in A minor, Op 34 No 2」
ワルツ第4番ヘ長調 作品34の3
「華麗なる円舞曲」
4曲目の「Waltz in F major, Op 34 No 3」
ワルツ第5番変イ長調 作品42
「大円舞曲」
5曲目の「Waltz in A flat major, Op 42」
ワルツ第6番変ニ長調 作品64の1
「小犬のワルツ」
6曲目の「Waltz in D flat major, Op 64 No 1」
ワルツ第7番
嬰ハ短調op.64-2
7曲目の「Waltz in C sharp minor, Op 64 No 2」
ワルツ第9番変イ長調op.69-1
「別れのワルツ」(告別)
9曲目の「Waltz in A flat major, Op 69 No 1」
ワルツ第10番
ロ短調op.69-2
10曲目の「Waltz in B minor, Op 69 No 2」
ショパン: 4つのバラード/前奏曲第25番/幻想曲作品49

ポリーニ(マウリチオ) ショパン
ユニバーサルクラシック (1999/10/14)
売り上げランキング: 12,621
おすすめ度の平均: 4.1
5 ショパン没後150年を記念
5 円熟のピアニスト・・・などと
5 バラード本来の楽しさ
ショパン: 4つのバラード/前奏曲第25番/幻想曲作品49の内容
現代のピアノ界を常にリードし、傑出した存在であるポリーニ。
彼がショパン没後150年にあたる1999年に初めて着手したショパンのバラードは、ショパンの作品がもつ「美」と「峻厳さ」、そして彼だけになしえたショパンの世界を満喫させてくれます。


実際に購入した方の感想
1999年4月ショパン没後150年を記念して録音。
これ以前のショパン録音は1990年9月の『スケルツォ第1番〜第4番、子守歌、舟歌』になるのでおよそ10年ぶりのショパン録音ということになる。
ポリーニにはショパンへのこだわりがある。1960年、弱冠18歳にして第6回ショパンコンクールを満場一致で完全制覇し その時、審査委員長を務めていたアルトゥール・ルービンシュタインが彼を評して、「技術的には 私たちの誰よりも上手い」と絶賛したのは有名な逸話だ。
そして彼の全レパートリィを見ても自ら価値のあるものと認めたものしか演奏していない。
そんなポリーニのショパンは現在たったの6枚しかない。(EMIのピアノ協奏曲はその数に入れていない)
1.エチュードOp.10&25(全24曲)
2.24の前奏曲Op.28
3.ポロネーズ集(第1番〜第7番)
4.ピアノソナタ第2番、第3番
5.スケルツォ第1番〜第4番、子守歌、舟歌
6.バラード第1番〜第4番、前奏曲Op.45、幻想曲Op.49
完全無欠の1を筆頭に1-4までは10指が完全なコントロールされた強靭な打鍵と運動性と 正確な演奏技巧に満ちた究極のショパンだと言えるだろう。
5・6では年齢とともに柔らかさが加わっている。
このアルバムに収められた1曲、バラード第一番は1968年にロンドンのクイーン・エリザベス・ホールで1960年ショパン・コンクール以来、久しぶりに姿を現した時に演奏されていて今回はポリーニ、二回目の録音となるわけだがその優美な完成度は比べえない。
ショパンがヴァンプ、ジョルジュ・サンドに出会う前、26才の時慕情をつのらせたマリー・ヴォジンスカに捧げられたこの曲にポリーニの年輪を感じる。
バラード第1番 ト短調Op.23 1曲目の「Ballade No.1 In G Minor Op.23: Largo - Moderato - Presto con fuoco」 試聴
バラード第2番 ヘ長調Op.38 2曲目の「Ballade No.2 In F Major Op.38: Andantino - Presto con fuoco 」
バラード第3番 変イ長調Op.47 3曲目の「Ballade No.3 In A Flat Major Op.47: Allegretto」
バラード第4番 ヘ短調Op.52 4曲目の「Ballade No.4 In F Minor Op.52: Andante con moto」
前奏曲第25番 嬰ハ短調op.45
5曲目の「Prelude In C Sharp Minor Op.45: Sostenuto」
ショパン:ノクターン(全曲)
ショパン:ノクターン(全曲)
ポニーキャニオン (1999/07/16)
売り上げランキング: 82,390
ショパン:ノクターン(全曲)の内容
ポーランド・ショパン協会認定のショパン・ピアノ全集中のアルバム。
いくつかの国際コンクール入賞歴をもつポブウォッカは,高度な集中力をもって,求心性の鋭い演奏を聴かせている。
彼女の弾くノクターンには1曲ごとのドラマが浮き彫りにされている。

ノクターン第1番変ロ短Op.9-1 1曲目の「No. 1 In B Flat Minor, Op. 9 No. 1: Larghetto」 試聴
ノクターン第2番変ホ長調Op.9-2 2曲目の「No. 2 In E Flat Major, Op. 9 No. 2: Andante」
ノクターン第3番ロ長調Op.9-3 3曲目の「No. 3 In B Major, Op. 9 No. 3: Allegretto」
ノクターン第4番ヘ長調Op.15-1 4曲目の「No. 4 In F Major, Op. 15 No. 1: Andante cantabile」
ノクターン第5番嬰ヘ長調Op.15-2 5曲目の「No. 5 In F Sharp Major, Op. 15 No. 2: Larghetto」
ノクターン第6番ト短調Op.15-3 6曲目の「No. 6 In G Minor, Op. 15 No. 3: Lento」
ノクターン第7番嬰ハ短調Op.27-1 7曲目の「No. 7 In C Sharp Minor, Op. 27 No. 1: Larghetto」
ノクターン第8番変ニ長調Op.27-2 8曲目の「No. 8 In D Flat Major, Op. 27 No. 2: Lento sostenuto」
ノクターン第9番ロ長調Op.32-1 9曲目の「No. 9 In B Major, Op. 32 No. 1: Andante sostenuto」
ノクターン第10番変イ長Op.32-2 10曲目の「No. 10 In A Flat Major, Op. 32 No. 2: Lento」
ノクターン第11番ト短調Op.37-1 11曲目の「No. 11 In G Minor, Op. 37 No. 1: Andante sostenuto」
ノクターン第12番ト長調Op.37-2 12曲目の「No. 12 In G Major, Op. 37 No. 2: Andantino」
ノクターン第13番ハ短調Op.48-1 13曲目の「No. 13 In C Minor, Op. 48 No. 1: Lento」
ノクターン第14番嬰ヘ短Op.48-2 14曲目の「No. 14 In F Sharp Minor, Op. 48 No. 2: Andantino」
ノクターン第15番ヘ短調Op.55-1 15曲目の「No. 15 In F Minor, Op. 55 No. 1: Andante」
ノクターン第16番変ホ長Op.55-2 16曲目の「No. 16 In E Flat Major, Op. 55 No. 2: Lento」
ノクターン第17番ロ長調Op.62-1 17曲目の「No. 17 In B Major, Op. 62 No. 1: Andante」
ノクターン第18番ホ長調Op.62-2 18曲目の「No. 18 In E Major, Op. 62 No. 2: Lento」
ノクターン第19番ホ短調Op.72 19曲目の「No. 19 In E Minor, Op. Post 72 No. 1: Andante」
ノクターン第20番嬰ハ短調(遺作) 20曲目の「No. 20 In C Sharp Minor, Op. Post: Lento con gran espressione」
ノクターン第21番ハ短調 21曲目の「No. 21 In C Minor, Op. Post」
楽器・音楽・映画
クラシック音楽
クラシックピアノ曲 難易度一覧表
ショパン
ベートーベン
モーツァルト
バッハ
メンデルスゾーン
ドビュッシー
ムソルグスキー
シューベルト
リスト
ブラームス
チャイコフスキー
ビバルディ
ヘンデル
シューマン
サティ
ウェーバー
アシュケナージ
ルービンシュタイン
癒し系音楽
ジャズ名曲
戦場のピアニスト
海の上のピアニスト
【 関連商品リスト 】
クラシック試聴集
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー